いよかん

仕様
呼び方 いよかん
説明 伊予柑(いよかん)は、元々は山口県で生まれ「穴門蜜柑(あなとみかん)」と呼ばれていました。 穴門蜜柑を栽培するために松山に持ち帰ったのが「伊予柑」の始まり。 明治時代中ば、愛媛県に移植し盛んに栽培されるようになり、愛媛県の旧国名「伊予」から、「伊予蜜柑・美柑(いよみかん)」や「伊予柑(いよかん)」などと呼ばれるようになりました。 果肉は柔らかく、果汁が多いため、口に入れた瞬間、適度な甘味と酸味が広がります。
ご購入はこちら お問い合わせはこちら
当サイトに記載されている内容の無断転載、画像の無断複製・転用を固く禁じます。
Copyright© 愛媛みかんクラブ All Rights Reserved.

上へ